深江の家

竣工:2014年8月
用途:住宅→住宅
位置:1階
構造:RC造
改装床面積:78.84㎡
兵庫県 神戸市
写真:絹巻豊

住宅街にある共同住宅の一階の住居の改装である。部屋の南側には庭があり、唯一人目を気にせずに窓を開ける事が出来る。そこで家族が集まる場所スペースをこの庭に隣接させ、開放感があり自然を感じられるような空間をつくり、住まいの中心になるように計画した。
部屋の配置は、それぞれの個室を小さくまとめ水廻りと共に廊下側に寄せ、南側にLDKとなる家族スペースを可能な限り広くとっている。
住居全体は一室空間として設え、その中に部屋高を低く押さえた個室などを入れ子状に配置することで、家族スペースが全体を包み込みようにしている。このことで、家族スペースに包容感、個室に安心感を生み出している。また上部にできた隙間を通して風が、個室群の障子戸を通して光が家族スペースとの間で抜けていくようにすることで、外からの視線を気にする事無く共同住宅特有の閉塞感を減らしている。そしてこの隙間は、限られた空間の中で収納を確保する為のスペースとしても利用している。
深江の家では、めいめいが好きな場所に居ながらも家族が一体感を感じられるように設えた。

Copyright ATELIER-ASH. All rights rserved.

建築家 矢田朝士の主宰する京都にあるATELIER-ASH 一級建築士設計事務所です。住宅・店舗・集合住宅などの新築及び増改築、リフォーム、リノベーションも行います。関西(大阪・神戸・滋賀・奈良・和歌山)を中心に全国で活動いたします。機能性だけでなく美しさと心地良さをかねそなえ、自然を楽しめる空間を創りだします。