桜ヶ丘の家

竣工:2003年2月
用途:一戸建て住宅
階数:2階建
構造:木造
延床面積:114.65㎡
京都府 綾部市
写真:絹巻豊

建物はコストを抑えるために、矩形平面・総二階で計画し、外観もシンプルな形態とした。地域的に風と積雪への配慮が必要であったため、対策として金属板の外壁と軒のある外空間をつくり、断熱性を高めるために居室と外部の間に前室を設ける計画とした。

施主からの要望で、車椅子に対応できるように建物は玄関以外に、駐車スペースから軒下、そのままリビングへと車椅子でアクセス可能で、内部では車椅子で回遊できるように動線を計画した。畳部屋は、車椅子の座面と同じ高さで、布団の出入りや、起立が容易にできるよう配慮している。
住機能の全てを1階で完結、2階は付加スペースとして確保して、部屋は小分けにせず間仕切りで自由に区画出来るように考慮した。

エントランスとデッキ(中庭から望む):
深い軒に守られたリビングにつながる半外部空間

デッキ:車椅子で直接リビングに入れる

吹抜け:庭に向かって開く

内部デッキ(1階からの見上):個室のための半外空間

玄関:収納と間仕切りの上下を抜き、開放的に見せる

畳部屋(リビングダイニングを望む):広く使える一室空間

リビングダイニング(畳部屋を望む)

フリースペース:吹抜けを通して居室に光が注ぎ込む

書斎:半外部デッキにつながる

Copyright ATELIER-ASH. All rights rserved.

建築家 矢田朝士の主宰する京都にあるATELIER-ASH 一級建築士設計事務所です。住宅・店舗・集合住宅などの新築及び増改築、リフォーム、リノベーションも行います。関西(大阪・神戸・滋賀・奈良・和歌山)を中心に全国で活動いたします。機能性だけでなく美しさと心地良さをかねそなえ、自然を楽しめる空間を創りだします。